FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

中国武器術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国四大主兵「棍」

IMG_2482.png

中国武術においては剣、刀、槍、棍が「四大主兵」と呼ばれ、代表的な武器とされています。

棍(こん)は日本でいうところの棒のことで、日本でいう棒術を中国では棍術と呼びます。おもによくしなる白蝋樹(アオダモと近似のトネリコ属)の木などで作られます。真ん中が少し太く先端がやや細い形が一般的です。単純な形ですので、それほど種類があるわけではありませんが、先端に金属の輪っかをつけたものや、刺突に適するよう先端を尖らせたものなどがあります。長さに関しては使用法や使い手の体格に合わせて様々です。

棍は武術のさきがけとされ、また全ての長器械の基本となる動作を含んでいるために「棍を根と為す」という言葉があるくらいです。

戦い方としては長さを利用して打ちおろしたり、なぎ払ったりが中心となります。単純な武器のようで実際には奥の深い技術があります。

特に嵩山少林寺の棍術は有名で「棍の少林寺」と称されました。



競技の棍術。棍の回転がすごいですね。

競技の中国武術ではジャンプして開脚で着地するシーンがよくあるんですが、あれは股間は大丈夫なのかなあ、とふと気になりました。



少林寺の棍術。様々な動きをしていますが、安定感がすばらしいですねえ。



【おすすめ記事】

20160518102401157.jpeg ◆中国四大主兵「槍」
 中国では「百兵の王」と呼ばれ、人気のある兵器。
 競技の槍術、八極槍、形意槍の動画。
 特に「形意大槍」の槍の長大さには驚かされます!
 記事はこちら 

20160518102531fb6.jpeg ◆中国四大主兵「剣」
 中国で最も高度な技術を有していると言われる兵器。
 四大名剣と言われる青萍剣・純陽剣・昆吾剣・八仙剣の動画。
 記事はこちら

20160518102548539.jpeg ◆神道夢想流杖術
 「突けば槍 払えば薙刀 持たば太刀 杖はかくにも 外れざりけり」
 と記される変幻自在の技が魅力。宮本武蔵を破ったとも言われる。
 記事はこちら

20160518102701309.jpeg ◆ジョーゴ・ド・パウ
 ポルトガルの棒術。ポルトガルに侵攻したナポレオン軍に対して、
 ゲリラ兵がこの武術で対抗したといわれます。
 回転しながらの打ちや多人数を相手の戦い方など
 独特で興味深い技が多々あります!記事はこちら



 

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

中国四大主兵「槍」

keiiyari.jpg


中国武術においては剣、刀、槍、棍が「四大主兵」と呼ばれ、代表的な武器とされています。

槍は中国では「百兵の王」と呼ばれ、非常に高度な技術を要する兵器とされています。

中国の槍の特徴としては穂先がかなり小さく、その穂先の根元あたりに赤い房がついていることが多いです。この房は「槍纓(そうえい)」といい、馬のたてがみなどでできています。これは敵を突いた時、槍先から流れてくる血を受けとめるためとも、敵の目を幻惑するためとも言われています。

戦い方としては突くだけでなく、切り下ろす、切り上げる、巻き込む、払う等の技法があり、それらを自在に組み合わせ戦います。

八極拳の李書文は「神槍」と呼ばれ、槍の名手として有名です。また、「内家三拳」のひとつでその実戦での強さで有名な「形意拳(けいいけん)」は槍術から生まれた拳法と言われます。




競技での槍の演武。すごい運動神経ですね。




李書文で有名な八極拳と槍。最初の2分は素手の演武で、槍は2:05あたりから。単に突くとかたたくだけでなく複雑な技がありそうです。



0:00~1:14「形意五行槍」結構長い槍ですが、力強く安定していますね。

1:15~「形意大槍」これはさらにデカイ槍ですね。穂先が重いのか、柄がすごいしなってます。これを実戦で使うのか、あるいは修練のためのものなのか。

実際戦ってるところ見てみたいです!


【おすすめ記事】

20160518020239169.jpeg ◆中国四大主兵「棍」
 「棍は根を為す」と言われるほど、中国では基本的な武器とされる。
 競技の棍術と高名な少林寺の棍術の動画。
 記事はこちら

201605181025024cc.jpeg ◆中国四大主兵「刀」
 重量を生かして叩き切る中国の刀(柳葉刀)。かなりの激しさです。
 競技の刀術、少林刀術、太極刀術の動画。
 記事はこちら

20160519004423eed.jpeg ◆宝蔵院流槍術
 日本で最も有名な槍術。
 十文字槍の使い方が非常に興味深いです。
 記事はこちら

201605190057081bd.jpeg ◆スピア
 西洋の槍。戦場においても、1対1の戦いでもポピュラーな武器。
 ショートスピア(短槍)、競技的なもの、
 棒術のような少し変わった槍術のテクニックの動画。
 記事はこちら






テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

中国四大主兵「刀」


ryuyoutou-2.jpg

中国武術においては剣、刀、槍、棍が「四大主兵」と呼ばれ、代表的な武器とされています。

日本では「日本刀」のことを剣とも刀とも呼びますが、中国においては剣と刀は明確に区分された別の武器です。

中国で「刀」と言えば片刃で反りのあるものを言います。戦場では主武器で、もともとは身分の高い人から低い人まで幅広く使われましたが、剣の発達とともに身分の高い人は剣を持つようになり、刀は主に一般兵の武器となりました。刀は剣とくらべてかなり種類が豊富ですが、中でも代表的なものが「柳葉刀(りゅうようとう)」です。

形が柳の葉に似ていることからこの名がつけられました。現在の競技武術で用いられる刀はほとんどがこの「柳葉刀」です。日本では「青龍刀(せいりゅうとう)」とよく混同されるのですが、青龍刀は三国志の関羽が持っている長い柄のついた薙刀のような刀のことです。

重量を生かして叩き斬る、突き刺すといった戦い方の武器です。




刀術の演武。剣よりは重量感を感じます。




少林寺の双刀でしょうか。かなり激しいですね。




太極双刀。わりとゆったりめの動き。



テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

中国四大主兵「剣」

IMG_2260.png


中国武術においては剣、刀、槍、棍は「四大主兵」と呼ばれ、代表的な武器とされています。

日本では「日本刀」のことを剣とも刀とも呼びますが、中国においては剣と刀は明確に区分された別の武器です。

中国で「剣」と言えば両刃で反りのないものを指します。刀に比べると華奢でもろく操作も難しいとのことで、俗に「刀の習得は百日、槍の習得は千日、剣の習得は万日」と言われ、中国武術の中では最も高度な技術を有していると言われます。

それだけに人気も高く、他の兵器では皆無なことですが、剣だけで門派を成立させている例もかなり多いとのことです。

剣の戦い方としては、刀のような叩き斬るような使い方だと反りの無い剣では斬撃力を得られないので、動脈や腱などの急所を押し斬り引き斬りにしたり、剣尖で刎ねるように斬ったり、あるいは突き刺したりという戦い方になります。

現在伝えられている剣術の中では、青萍剣・純陽剣・昆吾剣・八仙剣は四大名剣と言われ有名です。他にも修剣痴の伝えた通背剣や蟷螂剣は難易度が高度な剣術として知られています。

■競技剣

点数制の表演競技で行われるアクロバティックな剣術です。



■四大名剣

長い歴史の中で伝えられてきた「伝統剣」の中で代表的な四門派。
・青萍剣



・純陽剣



・昆吾剣



・八仙剣



この動画を見る限り、青萍剣と純陽剣はかなり優雅な動きで昆吾剣と八仙剣はかなり激しい剣法のように見えます。

しかしどの動きも美しく、相当の使い手の方なんだろうなあ、と感じました。

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

中国武術の武器

china.jpg
中国では武器のことを兵器もしくは器械と呼びます。

中国武術と言えば、カンフー映画で見られるような素手での拳法がまず思い浮かびますが、中国武術の各門派では必ず徒手の拳法と合わせて兵器術を学びます。

これはもともと、武術とは戦時に武器を取ってどう戦うかという技術で、拳法は武器を使う代わりに自分のからだを武器にして戦うという発想なのです。もしくは武器を扱う前に学ぶべき身体の訓練であると考える人もいます。要するに武器を用いての武術が先で素手の戦闘があとというわけです。

中国武術においてはその傾向が顕著で、それぞれの門派における兵器術の術理がそのまま拳法にも使われています。

中国武術の兵器には非常に多くの種類がありますが、剣や刀のように片手でもって扱う、比較的短い武器を短兵・短器械、槍や棍のように両手で扱う長い武器を長兵・長器械等と呼びます。そのほかに、鞭のように紐状の兵器が軟器械、手の中に隠す匕首などを暗器械、両手にそれぞれ器械を持つ双器械などがあります。

そしてその中でも剣、刀、槍、棍が「四大主兵」と呼ばれ、中国武術を代表する兵器とされています。

現在、中国武術は「武術」(ウーシュー、日本名「武術太極拳」)の競技名で点数制の套路競技(表演競技)や散手(散打)競技(徒手の組手競技)が中国国内だけでなく国際的に行われており、様々な兵器術も表演競技として行われています。






動画の説明によると、戦後、国交が途絶えていた中華人民共和国の「中国武術界」が、この番組で初めて紹介されたとのことです。

素手の演武も多いのですが、様々な兵器の演武も見ることができます。

どれもすごい技の数々ですが、ナレーションの最後でも言っているように、体操競技のような動きも多くて、武術として見た場合違和感を感じてしまいます。

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。