FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマホーク

IMG_3768.jpg

トマホークは北米のインディアンが使用する斧として有名です。

ただ、現在よく知られている柄が木製で頭が鉄製のものは、ヨーロッパから白人が北米に入植してきた際持ち込んだ斧を、現地の入植者やインディアンが改良してできたものです。

それ以前は石や木を使った石斧や棍棒が彼らの主な近接武器でした。

IMG_3767.jpg

インディアンといえば、映画などで勇猛(獰猛?)な戦いぶりが見られますが、実際の戦い方はどのようなものだったのでしょうか?




「Native American Arts of War」という動画ですので、たぶんインディアンの戦闘術かと思います。

確かに近代の格闘技とは一線を画す独特で荒々しく野性的な戦い方ですねえ。確実に相手の息の根を止める戦い方です。
後ろに「功夫」という掛け軸があるのが気になるところですが……。




こちらもいかにもインディアンっぽい人によるトマホークとナイフを使った戦い方の動画。本物のインディアンかその末裔の方と信じたいところです。流れるように様々な攻撃が連続して繰り出されるのはすごいと思いました。

元々インディアンが武器として使っていたトマホークですが、殺傷力が高く多目的に使えること、またインディアンから白兵戦を学んだ白人が使用したことなどにより、様々な国の軍隊で「軍用トマホーク」が採用されたりして、戦闘術も工夫されていったようです。




この動画では突きや逆手に持って肘打ちを繰り出すような打撃など、かなりバリエーションに富んだ技術が見られます。




こちらはフィリピン武術カリでトマホークを用いているようです。カリ独特の攻撃してくる相手の腕を受け流して繰り出す技を、トマホークでうまく引っかけてやってるなと感じました。フィリピンとアメリカはかなり関係の深い国なので、それでトマホークも伝わったのかな、と思いました。




これはなかなか面白い動画。トマホーク+ナイフとスモールソード(+バリーイングナイフ)のスパーリング。

間合いではスモールソードに分がありますが、相手の剣をうまくトマホークで絡めて懐に入って、トマホークとナイフで連続攻撃というのはなかなか見事で興味深い技ですね。トマホークの防御力が意外と高いんだな、ということとすぐに攻撃に変化できるとりまわしのよさは魅力に感じました。

斧という武器は日本人にとってはマイナーな武器ですので、単純に「打撃」と思ってしまいます。しかし動画を見て思ったのはひっかける使い方がすごく多いなあ、ということです。相手の攻撃をいなしたり、武器を封じたり、あるいは相手のバランスを崩したりですねえ。同じように鈍重な武器というイメージもあったのですが、トマホークぐらいの片手で扱えるものであれば、きわめて俊敏で、精緻な戦い方ができるのだなあ、と感嘆しました。

実際、トマホークの動画を検索してみると、すごくたくさんの動画が出てきたので、外国では実用性が認められたかなりメジャーな武器なんだなあと思ったし、あなどることのできない興味深い武器だなあと思いました。


<関連商品>

UNITED ユナイテッド M48/トマホーク アックス 斧

  


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

はじめまして、twitterから来ました。
斧使いの小説を書いていたのでとても参考になりました。素晴らしい記事ですね。
  • 2017.02.02(Thu)
  • かくう
  • URL
  • EDIT

かくうさん、ありがとうございます!

斧使いのキャラクターですか、かっこいいですねえ!

執筆がんばってください!
  • 2017.02.06(Mon)
  • 大門大吾@浪花(管理人)
  • URL
  • EDIT

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。