世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーテルとマンベリ

ショーテルは主に17~19世紀のエチオピアで使用された刀剣です。

shotel.jpg
(Source)

実はエチオピアは現存する世界最古の独立国の一つとされ、欧米のアフリカ分割の最中にあっても独立を保った希有な国です。

そのエチオピア帝国で使用されたショーテルは「半円型」あるいは「S字型」に湾曲したかなり特殊な刀身を持っています。

この形状により相手が構えた盾をまわりこんで、直接体に刺突をくわえることが可能になっています。

また両刃のため、逆向きに使えば、普通の剣のような切りつけもできますし、湾曲部に相手の武器や体の一部をひっかけて、バランスを崩すといった使い方もでき、多種多様な攻撃のバリエーションがあります。

特殊な形状のため、普通の剣とは重心が異なり、使いこなすにはかなりの修練が必要ですが、熟練したショーテルの使い手は非常に危険な戦士となります。

エチオピア帝国において、ショーテルは皇帝直属の精鋭部隊の戦士の装備であり、彼らの使いこなすショーテルは歩兵のみならず騎兵に対しても絶大な威力を発揮した、と伝えられています。




Shotel for show and tell ……ほほう~。

やはりうまく盾を回り込んで攻撃を決めることができるようですね。盾が大きいものだと防御されそうですが、これぐらいの盾とか、剣などの武器で防御しようとしたときには、有効に使えそうです。

またかなりいろんな角度から連続した攻撃をされてますので、変則的な形状とあいまって、相当慣れた人じゃないとディフェンスしきれないかもなあ、と思いました。







こちらはショーテルのスパーリングかと思ったのですが「Mambele」とありますので、スーダンで使われた「マンベリ」という武器のようです。この武器はショーテルとかなり似ていますが、ショーテルよりも広刃で、先端に鈎ツメがついている等、いささか複雑な形状になっているようです。しかし、戦い方としてはショーテルとほぼ変わりないのではないかと思います。

このスパーリングを見る限り、様々な角度から連続して繰り出す技がこの武器の魅力かと思います。特に足への攻撃はかなり鋭いものを感じました。まあ、このかたが得意なだけかもしれませんが。ただ、やはり湾曲してる分、間合い的には不利なのか、と思いました。もっと長いものを使えば良いのかとも思いましたが、この特異な形状では、大きすぎると扱いずらいし、振り辛くなってしまうんだろうなあ、と思いました。

そういった欠点も感じつつも、しかしながらこのトリッキーな技の数々は対戦相手にとっては脅威であり、危険だよなあ、と思いました。


<関連書籍>

  エチオピアの歴史



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。