FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイピア

rapier.jpg

西洋の剣と言えば、まずレイピアを思い浮かべるかたは多いのではないでしょうか。

レイピアが誕生したのは16世紀ごろ。15世紀中頃にフランスで「エペ・ラピエル」(当時のフランス語の綴りで espee は剣、rapiere は刺突を意味する)と呼ばれる刺突用の剣が生まれ、これがレイピアの語源とされ、その後スペインで「エスパダ・ロペラ(espada ropera)」という名前で発展したものがレイピアの原型とされています。その後、ドイツやイタリア、そしてフランスに戻り、ヨーロッパ全土へ広まります。

レイピアの外観は幅は2.5cmかそれ以下、刃渡り1mほどで全長は1.2m前後のものが標準的。柄に様々な装飾を施した手の甲を覆う金属板などが取り付けられていて、全重量は1~1.3kgほどにもなり、かなり長くて重い武器と言えます。これはロングソードなどの伝統的な大型の武器にも対抗しうるような頑強さを得るためと考えられます。

レイピアは軍事用の武器ではなく、主に街中の護身用あるいは決闘用の武器として使われました。戦い方としては刺突が中心ですが、刃による押し切りなども使われたようです。また、銃の発達にともない今までの重い鎧は廃れ、軽装で戦う時代に誕生した武器のため、剣による防御技術が研究され、攻守に優れた武器として使われました。

1700年頃になるとレイピアをさらに発展させたスモールソードがその後継として広まっていき、レイピアは貴族の間で(他の多くの剣もそうであるように)騎士道精神の象徴や、華麗な装飾を施された芸術品として扱われるようになりました。




レイピアのテクニックをレクチャーする動画のようです。

やはり、日本の剣術とはまるで違う独特の姿勢や技ですねえ。




片手にレイピアを持ってもう一方の手にダガー(短剣)を持って戦う競技のようです。

空いてる手に何かを持っておもに防御に使い、レイピアで攻撃するという戦い方は極めて一般的でした。

こういった短剣はフランスでは左手を意味する「マンゴーシュ(main gauche)」と呼ばれ、様々なバリエーションが作られ、防御のみならず受けとめた相手の剣をそのまま折ってしまうタイプのものなどもありました。

また短剣のほかにもマントを持ったりバックラーという小型の盾を持つ戦い方も伝わっています。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。