FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚原卜伝

Tsukahara_Bokuden.jpg

生没年:延徳元(1489)~元亀2(1571)年

出身地:常陸国鹿島(茨城県鹿島市)

流派:新当流

塚原卜伝高幹(つかはらぼくでんたかもと)は鹿島神宮の神官・吉川覚賢の二男として生まれました。

吉川家は元々卜部吉川家といい、古来より鹿島神宮で卜占(占い)と大行事職(警察業務)を司る家。そして家伝として鹿島上古流、中古流と呼ばれる鹿島の剣を伝えていました。卜伝も父・覚賢の指導で「中古流」を習得します。

その後、卜伝は塚原城主・塚原安幹の息子・新左衛門にあとつぎがなかったため、その養子となるのですが、この安幹は飯篠長威斉の高弟として武名高い人物。卜伝は安幹、新左衛門の二人からも指導を受け香取神道流も習得。

さらに安幹の兄弟弟子にあたる鹿島神流の創始者・松本備前守からも手ほどきを受けていますので、これ以上ない充実した環境で剣の英才教育を受けたといえます。

そして17歳から武者修行の旅へ出、その時の成果は「真剣勝負19度、合戦に参加すること37度、敵を討ち取ること200人以上。(数に関しては異説あり)その間矢傷を6ヵ所受けたのみ」といいますから大変な修羅場で無類の強さを見せていたことになります。

この武者修行から戻った卜伝は鹿島神宮に千日参籠し、厳しい鍛錬によって剣の真髄を悟り「新當流」を開眼しました。

また剣術の極意「一(ひとつ)の太刀」を得たと言われますが、これが一体どういうものなのかは不明です。

その後、二度武者修行の旅に出たあと83歳で永眠。

その間武名は高く、時の将軍足利義輝をはじめ、大名・城主クラスの人物が多数師事しており、また門下からも多くの有名な剣豪を輩出しています。

そんな塚原卜伝にはとにかく様々な武勇伝がありますので、いくつかご紹介します。

壱:無手勝流

武者修行中、舟の上である武士と口論になった卜伝。近くの小島に降りて勝負することになった。舟が島につき武士が勇んで島に飛び降りるや、卜伝はそのまま竿を突いて船を出し、「戦わずして勝つ、これが無手勝流」と、武士をおきざりにしてさっさと沖へ漕ぎ去って行ってしまった。

弐:巧みな心理戦

「左片手斬り」を得意とする武士と戦うことになった卜伝は「左片手斬りは卑怯だ。立ち合いでは使わないで欲しい」としつこくしつこく相手に申し入れた。「卜伝は左片手斬りを恐れている」と自信をつけた相手は必要以上に「左片手斬り」を意識し、本来の戦い方ができず、あっさり卜伝に敗れた。

参:薙刀の使い手との勝負

梶原長門という薙刀の使い手の挑戦を受けた卜伝。梶原は飛んでいる燕をいとも簡単に切り落とし、立ち会いとなれば「まずは左手」と声をかけそのとおり相手の左手を切り落とし、「次、右手」と右手を切り落とし、「最後、首」と言って相手の首を刎ね飛ばし仕留めるというような強豪。

しかし、卜伝は「梶原は本当に強い人間に出会った事が無いのだろう。二尺にも満たない刃しか持たない薙刀など長刀の敵ではない」と豪語し、刃渡り1m近い長刀で試合に臨み、一瞬で薙刀を斬りおとし、ふみこんであっさり梶原を切り捨てた。

これらの話にどれくらい信憑性があるかわかりませんが、普通に戦って勝つというよりも、ときに策を使い、ときに心理戦をしかけ、と戦う前にはすでに勝っている、という達人の戦い方を想起させます。

これは卜伝=達人というイメージが定着していたということだと思います。

その最たるものが「鍋蓋試合」ではないでしょうか。

若き日の宮本武蔵が囲炉裏に当たっている卜伝に木剣で殴りかかったところ、卜伝は鍋蓋でもってその打ちこみを受け止め、武蔵が舌を巻くという話です。

しかし、武蔵が生まれた時、すでに卜伝は死んでいましたので、この話はあくまで講談の話なのですが、あの宮本武蔵が手玉に取られるような達人にあえて卜伝を持ってくるというのは卜伝=達人ということの一般大衆への浸透度、信頼度が相当高かったせいではないかと思います。

卜伝が他の剣豪よりワンランク上の評価を得たのは、本人の腕の確かさのほかに、足利将軍など名だたる弟子を持っていたことが挙げられるかと思います。大衆には「天下の剣」というイメージができたことでしょう。

また非常な宣伝上手な一面も挙げられます。例えば、卜伝は晩年の武者修行で、大鷹3羽、のりかえ馬3頭、弟子80人をひきつれて旅してまわっており、まるで大名行列のようだったと言われますが、これなんかはかなりの宣伝効果があったのでは、と思います。

しかし、そのように派手な行動はしつつも、人柄は温厚篤実で多くの友人・弟子に慕われたというところは大きかったと思います。

どんなに強くともそれを鼻にかけ、まわりから憎まれるようなことがあれば、このような後世の評価は無かったと思いますし、そもそも83歳の長寿を全うすることもできなかったでしょう。

そう考えるとこの卜伝というかたは「剣の達人」のみならず「人生の達人」という気がしてなりません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。