FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クボタン

クボタンは在米日本人で空手家(国際空手道剛速流宗家)の窪田孝行(くぼた たかゆき)が考案した護身用具です。

kubotan.jpg

元々は琉球空手で使われた「ヤワラ」という隠し武器が由来で、考案者の名前の「クボタ」と「バトン(警棒)」を組み合わせて「クボタン」と呼ばれるようになりました。

全長14センチメートル、直径1.6センチメートルほどの円筒形でキーリングが付いており普段はキーホルダーとして携帯します。

「打ち」「突き」「払い」「締め」等の技があり、比較的簡単に基本的な使用法を習得できることとと、携帯性に優れていることが特徴です。

ロサンゼルス市警が1977年に女性警官を対象にクボタンを採用して以後、アメリカの一部の警察組織やFBIなどで逮捕術の一環としてクボタンを採用しています。




考案者・窪田孝行氏の動画。空手の動きの延長にクボタンを使っている感じですね。空手の先生なので当然ですが。創始者ならではの重厚さを感じますね。







なかなかポップな動画。

先端部で突くとか、密着した相手にグリグリするとか、クボタンの使い方自体はシンプルですが、やはり効果的に使うためには、基本的な体術とか護身術の動きを習得する必要はありそうですね。

そういった基本の動きが身についていれば素手で戦うよりもかなり有利に戦うことができるかと思います。

あと、ひとつ気になるのが、ポケットからクボタンを取り出すときの「間」ですね。

この「間」を無くす工夫があればもっと有効な護身具になるのでは、と思います。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。