FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二天一流

二天一流は宮本武蔵が編み出した兵法です。

IMG_2165.png

宮本武蔵といえば日本でもっとも有名な剣豪ですが、その実像は謎の部分のほうが多いと言えます。

武蔵自らが記したとされる「五輪書」によると、13歳で初めて決闘し勝利して以来29歳までに60余回の勝負を行い、すべてに勝利したとのことですが、その武蔵が晩年、熊本の細川家に仕えていたとき、それまでの経験をもとに完成されたのが「二天一流」です。

武蔵死後、二天一流は、「五輪書」を相伝された寺尾孫之允勝信と、その弟で病床の武蔵の世話をしていた寺尾求馬助信行を中心に伝えられ、その後いくつかの系に分かれます。また、細川藩の外へも二天一流を伝えるものも出、福岡でも盛んに行われました。

■特徴

二天一流では、兵法は心の修業であると説き、また利方すなわち悟りを開く方便だともいわれ、心ができなければ勝負には勝てないとされています。

刀法の特徴としては武蔵の肖像に見られる「無構え」に象徴されるように自然体をもとに千変万化に変化し、相手の剣を知って剣を見ず、つまり相手の剣がまだ動かない前を打って勝つ機前の太刀です。

宮本武蔵=二刀流のイメージから二天一流も二刀による剣術と思われがちですが、二刀以外にも太刀、小太刀、棒術、十手術などの武器術が伝わっています。





二天一流では形のことを勢法と呼びますが、小太刀勢法と二刀の勢法です。

意外と二刀の抜刀の仕方がわからなかったので興味深かったです(2:58)。




一刀の勢法。

全体的に相手の攻撃を防御して返す、というより相手の攻撃を読んでこちらの攻撃を合わせるとか相手がひとつ攻撃して次の攻撃に移るときに先に攻撃するような動きが多いように思いましたので、これが「機前の太刀」ということかなあ、と思いました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。