FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野太刀自顕流

IMG_2164.png


野太刀自顕流(薬丸自顕流/のだちじげんりゅう・やくまるじげんりゅう)は薩摩藩士・薬丸兼陳(やくまる けんちん)によって編み出された剣術流派です。

兼陳は東郷重位について示現流を学び、五人の高弟のひとりとされていました。しかし、薬丸家には家伝の野太刀(戦場で使う三尺以上の大太刀)の術があり、これと示現流を組み合わせ、独自の剣術が形成されていきました。

天保期、薬丸兼武が示現流から独立し、薬丸自顕流を名乗ります。これにより一時、東郷家との仲がギクシャクしたり、藩主からも嫌われ、兼武が流罪になったりもしますが、長子の兼義の代には薬丸家も師範家と認められ、薩摩藩のご流儀となります。

以来、示現流は主に上級武士の間に伝えられ、薬丸自顕流は下級武士を中心に武道教育として組み込まれ広まっていきました。

この薬丸自顕流が猛威を奮ったのは幕末期。桜田門外の変の有村治左衛門、寺田屋事件の鎮撫使江夏仲左衛門、生麦事件の奈良原喜左衛門等々、そして戊辰戦争では参謀・軍監として多くの勤皇の志士がこの流派から現れました。また、西郷隆盛の側近であった「人斬り半次郎」こと桐野利秋も青年のころ、一時、江夏仲左衛門のもとで野太刀自顕流の修練を行っていたといいます。その剣のすさまじさは新選組でさえ恐れたと言います。明治維新は、薬丸自顕流が叩き上げたといわれる所以です。

■特徴

示現流とは少し違う「蜻蛉(とんぼ)」の姿勢を持ち、「一の太刀を疑わず、二の太刀は負け」という一撃必殺の精神を尊ぶ剣術です。

稽古法としてはユスの木の束を横にした台に向け一心不乱に木剣を振り降ろす「続け打ち(立木打ち)」の稽古が特徴的。

また複数の木を地面に立て、走り抜けながら打ち倒していく「打ち廻り」は多人数の敵を想定した実戦的な稽古法です。

また「抜き」という帯刀姿勢から一瞬で斬りつける技は「抜即斬」(抜刀がそのまま斬撃となるの意)と称される神速の必殺剣です。

示現流よりも技の数は少ないですが、ひとつひとつの技は示現流よりも強烈で、実戦的で有名な示現流よりもさらに実戦を重視した剣術と言えるでしょう。

その実戦性と破壊力をしめす逸話は枚挙がなく、幕末の抗争で薬丸自顕流と戦い敗れた者の中には、初太刀を受けようとして刀ごと斬られた遺体や、巻藁の如く胴体を切断された異様な遺体も多かったとのことです。




「続け打ち」は横木を打っているわけではなく、目の前の相手を袈裟斬りにしている想定です。横木は振り降ろす剣を受けとめるために設置しているものです。

また漫画などでは「ちぇすと~!!」と表現されることが多い掛け声は「猿叫(えんきょう)」と呼ばれますが、実際には「ちぇすと~!!」とは言ってないですね。

野太刀だけに木剣がかなり長大です。この剣をこれだけ激しく振るというのは並大抵の体力ではないと思います。それだけに一撃の威力はすさまじいものがあるでしょうし、まさに「必殺剣」と呼ぶにふさわしい剣術であると思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

Secret

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。