FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苗刀(みょうとう/ミァオタオ)

FullSizeR (20)


長い歴史を持ち、様々な武器や技術を生み出した中国武術の中にあって、一風変わった系譜を持つのが「苗刀(みょうとう/ミァオタオ)」です。

IMG_2960 (1)


日本刀そっくりですが、それもそのはず、この武器のルーツはまさに日本刀でして、日本刀が中国で独自に研究され編み出されたのが「苗刀」なのです。

宋代から日本刀は貿易によって中国に伝えられており「倭刀」と呼ばれていましたが、当初はどちらかというと武器としてより美術品としての扱いでした。

中国の人たちが、日本刀の威力を知ったのは明の頃。中国・朝鮮の近海で猛威を奮った日本人中心の海賊「倭寇」によってでした。

このときの倭寇の戦いぶりと日本刀の威力はよっぽど明の兵たちの度胆を抜いたらしく、倭寇と戦った明の武将・戚継光(1528~1587)の驚愕ぶりが資料に残っているので引用します。

"此は倭寇が明に攻めてきた時初めてわかったことである。

彼らは舞うように跳び回り、前方への突進力は光が閃くようで我ら明の兵は気を奪われるばかりだった。

日本人はよく躍動し、一度動き出せば丈あまり、刀の長さは五尺なので、一丈五尺の間合でも攻撃される。

我が兵の剣では近づき難く、槍では遅すぎ、遭遇すればみな両断されて殺される。

これは彼らの武器が鋭利であり、両手で振れる強力で重い刀を自在に用いているためである。"

(戚継光 「紀効新書・長刀解」)


ちょっと圧倒的すぎる気もしますが、倭寇に参加したのは南北朝期~戦国期の戦場で揉まれたバリバリの武士たちがかなりいたとのことなので、相当強かったんだろうとは思います。

そして、倭寇の強さに驚愕した戚継光は彼らの使った刀と戦い方を研究し取り入れ「苗刀」を製造、自軍に配備していきました。

ちなみに戚継光が対倭寇用に開発した武器はほかにもあります。

FullSizeR (21)

「狼筅(ろうせん)」

枝のついたままの竹の先に穂先を着けた武器。普通の槍だと柄の部分を倭寇の刀で切り払われてしまったので、それを防ぐための工夫。重くて扱いにくかったが、一定の成果はあったようです。

さらに戚継光は対倭寇戦で得た陰流剣術の目録を研究し『辛酉刀法』を著し、苗刀とその技術の基礎がまとめられました。

そこから、1621年に程宗猷が『単刀法選』、次いで1644年に呉殳が『単刀図説』を著し、この二書をもとに現在まで伝わる武術としての苗刀の技法が作られたとのことです。

それでは様々な苗刀の動画を見てみたいと思います。





『辛酉刀法』の形でしょうか。苗刀は倭寇が用いた大太刀をモデルにしているらしく、今日の一般的な日本刀より長大ですので、かなり迫力ありますねえ。

この動画を見る限り、日本剣術と中国武術がかなり融合されてる感じがします。

スピンしての斬撃は使えないようで、意外と使えるかも、と思いました。





近年では「苗刀」の名前で防具と竹刀を使った競技が行われているようです。

道具は剣道に似ていますが、戦い方は全く違いますねえ。

ものすごい連打そして乱打!体勢が崩れても、片手でもとにかく打ってますね。





これは剣道の方との異種試合のようです。

剣道の方たちがどれくらいの実力の方かはわかりませんが、苗刀の制約のない自由な撃ち方にかなり面食らってるように見えますね。特に足打ちは剣道にはない攻撃なのでかなりもらってしまっています。

剣道のみしかやってない方だと、この攻撃に対応するのは難しいでしょうね。

全体的に苗刀の攻撃力はかなりのものがあるなあ、と感じました。

並の剣術家だとこの勢いに飲み込まれそうです。

競技に関しては一発一発の的確さとか威力では剣道のほうが上かもしれませんが、予備知識無しでいきなりこれだけの連打が来てしまうと受け切れないですかね。

ただ、競技が浸透して知ったもの同士になってくると、バックステップを使っての返し技とかカウンターとかを狙えると思うし、相打ちも多くなってくると思うんですね。そうなってくるともちろん攻める側も考えるだろうし、結局競技が成熟すれば、この動画のように突っ込んでいくようなスタイルは通じなくなって、剣道のようにスキをうかがって一発決めるようなものになっていくような気がするんですがどうでしょう。

しかし、この激しい攻撃は実戦では脅威だと思いますし、「舞うように跳び回り、前方への突進力は光が閃くよう」というさきの戚継光の記述を彷彿とさせます。

この苗刀の戦い方は、中国風にアレンジはされていますが、倭寇そして当時の武士たちの戦場での大太刀の使い方がうかがえるものなのかもなあ、と思いました。


【関連グッズ】

中国武術 伝統武器 苗刀 八極拳 カンフー

  






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。