FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラーターの武器「パタとマル」

インドといえば日本にも馴染みが深い国のように思いますが、詳細はあんまり知らないかな~と思います。

特にインドの「歴史」というと、私も含め大半の日本人はほぼ知識を持っていないと思います。知っているのはせいぜい、お釈迦様とかガンジーぐらいでしょうかねえ。

まあ、普通の日本人が、ある程度歴史の知識まで持ってる外国というのはほとんど無さそうですがね。中国ぐらいでしょうか。あとは、フランス革命とか古代ローマとかを断片的に知ってるくらいで。このへんはいろんな映画とか小説とかマンガとかになっているからですかね。やはりそういったものの影響は大きいですね。

しかし、その中国の三蔵法師が旅の目的地としたのがインド(天竺)なわけですし、古代のインドというのは当時世界トップクラスのすすんだ文化を持った国だったようです。そこへ行けばどんな夢もかなうというユートピアだったそうですから。

そんなわけで、インドの歴史を少し調べてみたのですが、これがなかなか面白く、魅力的な人物もおり、激しい戦乱もあり、そしてその戦いでは他の国とは異なる独特な武器が使われていました。

その中でも私が特に印象に残った「マラーター王国」とそこで使用されていた武器について書きたいと思います。

17世紀後半からインドで大きな勢力を誇った国が「マラーター王国」です。この国は非常に好戦的な民族として知られるマラーター族によって建国され、18世紀にはこの国を中心に諸侯の連合体「マラーター同盟」を結成し、一時はインドの覇権を握りました。

そんなマラーター族が使用した独特の武器のひとつがパタです。

pata.jpg

この武器は剣道の籠手とかボクシングのグローブのような形のガントレットの先に剣がついたものです。ガントレットの中に手を突っ込むと、刀身と垂直に金属のロープが張ってあるので、それを握って操作します。ガントレット部は金属製ですので、この部分で敵の攻撃を防御することもできます。

もともと14世紀ごろに使われていた「ジャマダハル」という短剣が進化したものとされます。

jamadahal.jpg

「ジャマダハル」

柄がH型になっていて、その横棒部分を握ると拳の前に刀身がきますので、パンチを打つ要領で刺突を繰り出します。通常の短剣よりも貫通力は高かったといいます。

マラーター王国を建国した英雄・シヴァージーはパタの名手として知られています。

Shivaji_British_Museum.jpg

シヴァージーの肖像。おそらく右手にはめてるのはパタですよね。

パタの演武の動画



かなり舞踏的ですが、腕との一体感が強いため普通の剣より振りまわしやすそうな感じがします。その分柔軟な動きは難しそうですが。それでも、まわりを複数の敵に囲まれたときとか、回転するように一気に突破口を開けるんじゃないかという想像をしてしまいました。まあ、実際はそう簡単ではないでしょうけど。

あとマラーター同盟で使用されていた独特の武器というか防具がマル(マドゥ、マロー)です。

madu.jpg

丸い盾の両端から先端を金属で強化した動物の角が出ています。盾で防御しながら角での攻撃も可能という攻守一体型の武器もしくは防具です。

この武器(防具)を駆使したマラーター族は戦場で圧倒的な強さを発揮したとのことですが……正直、見た目のキワモノ感がありますので、こんなものが実戦で使えるものだろうか、と思ったのですが、こんな動画を見つけました。



本物ではありませんが、形状の意味するところはいっしょなので、かなり近い戦いかたは可能だったと思います。

これを見る限り、思ったより実用的だなあ、と感じました。二刀流にさらに盾が加わった感じですね。

まあ、それだけに使いこなすのは難しそうですが、使いこなせれば絶大な実力を発揮したというのもうなずけます。

このような独特の武器を使い、勇猛さを誇ったマラーター王国とマラーター同盟でしたが、19世紀にイギリスとの戦争に敗れ滅亡しました。

それにしてもインドの武器は日本とも西洋とも中国とも違う独特の武器で面白いですね。カラリパヤットの武器も面白いですし(関連記事)。文化も歴史も深いものを感じますし、もっと勉強していきたいなあ、と思いました。


【関連書籍】

インドの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)

  



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

護身傘と傘護身

IMG_2778.png

すっかり梅雨になりましたが、この季節にピッタリの護身具を紹介したいと思います(?)



いや~、すごい強度の傘ですね~。

特に1:15のスイカを真っ二つにしたシーンは

「おおっ~~!!」

てなりました。

傘には違いないのですが、実質は鉄パイプを装備して歩いてるようなもんですね。

最近日本でも物騒な事件が多発していますが、護身具を護身のために携帯していると法に触れるというパラドックスがありますので、普通に携帯しているものがいざというときに護身具になる、という発想はひとつの打開策ではあります。

フランスでは「ラ・キャン」というステッキを使う護身術がありますが(関連記事)、日本ではステッキを持つのはかなりのオールドマンで、いくらジェントルメンでもヤングマンがステッキを持つのは文化的不自然さがあります。

その点、傘であれば不自然さはなく誰にもとがめられず、携帯できますのでうってつけです。

そしてこの傘はアマゾンなどで、簡単に手に入るようで驚きです。



【正規輸入品】 リアルセルフディフェンス 自己防衛傘 全2型 長傘 手開き ブラック カーブハンドル 8本骨 69cm グラスファイバー骨 防犯傘 高級品 DU-115


 
 
こちらは折り畳み傘バージョン。



柄から振りだすところはまんま特殊警棒ですね。見たところ簡単に手で出し入れできてるので「突き」はできなさそうですが、かなり使いやすそうです。そして、この男の人はなかなかの悪人面ですね。

そういった傘を実際どのように護身で使うか、というところをいくつかの動画で見てみたいと思います。



こちらはルーク・ホロウェイさんの傘護身の技。このかたはたくさん動画をあげている有名なかたですので、ご存知のかたも多いかと思います。

広げた傘を押しあてていったり、投げつけて逃げるとかは相手も意表をつかれそうですね。ただ、傘の打撃に関してはこのかたの打撃スキルありきという気もします(笑)



こちらはダガーの記事(関連記事)やスピアの記事(関連記事)でも引用させていただいた方の傘護身。当然ながらかなり西洋剣術の色合いが強いですね。

傘の持ち手をひっかける技は実際うまく決まるんでしょうか?



他の動画は結構高度な技が多い気がしますが、こちらの動画は割と難易度は低いように思います。傘の柄のほうで滅多打ちっていうのは単純ですが頭に入れておくといいかもしれないと思いました。

動画を見ていてやはり気になったのは、打撃をする際の傘の強度ですね。

刃物を持って暴れ狂うDQNに、例えばコンビニのビニール傘とかの打撃をくらわしたところで止まるかどうかってことですね。

あるいはすごいガタイのいい人とか厚手のジャケットを着てる人とかを止めることができるかというとかなり微妙だと思います。

ルークホロウェイさんぐらいの打撃力があればそれも可能かもしれませんが、一般人の打撃では、殺す気満々でアドレナリン出まくりで痛みを感じにくくなってる相手をコンビニ傘で止めるのは難しいように思います。

その場合有効なのは、ピンポイントの突きとか、顔面への打撃、あるいは得物を持った手がむき出しであれば(手袋などつけていない)小手打ちから抑え込むとかいった方法でしょうか。

傘をからめて関節を取るとかは、よっぽどの習熟がないと難しいように思います。

ただ、unbreakable umbrellaのような強度の高い傘なら話は別かもしれません。

言ってみれば木刀で殴りつけるようなものなので、それなりに打つ練習をしている人なら、たいがいの相手には効かせられるんじゃないかと思います。

そしてナイフとか相手にするなら間合い的にはかなり有利なので、そこはなんとか生かしたいですね。

間合いが取れれば剣道とか剣術とかやってる人はかなり有効に使えるように思います。ただ、剣道のように正眼の構えとかだと、傘をつかんでくるかもしれませんので、つかまれないよう構えるか、つかまれた時になんらかの対処をできるようにするのは必須だと思います。

あと、他の護身具、例えば特殊警棒にせよクボタンにせよそうなんですが、ふところとかポケットから取り出す手間がありますので、とっさの場合にワンテンポ遅れる、あるいは取り出す余裕もないというケースも多いと思います。

その点、傘は初めから手に持っていますので、そのまま対応することが可能というのも非常に有利な点だと思います。

そんなわけで、私的な結論としては傘を護身に使うには、並の傘だと有効な技術は限られてくる。効き目のある打撃を繰り出せるくらいの丈夫な傘であれば、かなり有効に使うことは可能である。ただし、どちらにせよ、それなりの修錬は必要である、ということです。

【関連グッズ】

  







関連記事

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

グリーンベレーのナイフ術

greenbere.jpg

現代の特殊部隊と言えば、イギリスのSASやアメリカのネイビーシールズが真っ先に思いつきますが、ひと昔前、特殊部隊と言えば「グリーンベレー(アメリカ陸軍特殊部隊)」でした。

82年公開のシルベスター・スタローンさんの映画「ランボー」の大ヒットは大きかったし、日本でも柘植久慶さんがグリーンベレーがらみでTVに出まくってました。いや~、昭和ですね~。

で、特殊部隊と言えば「一騎当千の猛者」!たったひとりで敵の一個中隊くらいなら壊滅させるみたいなイメージがあります。

実際、「陸軍の歩兵200人に相当する戦力を、グリーンベレーの隊員一人が保有している」と言われていたので、やはり超人的な戦闘能力の人たちなんだろうなあ、と思っていました。しかしよく調べてみると少しイメージが違うようで「歩兵200人~」という話は、必ずしも戦闘能力のことではなく、彼等の作戦が「敵国内の反乱分子に、戦闘教育を行い、自国の戦力として育成、作戦を実施すること」を目的としているためとのことです。

私の印象としてはグリーンベレーと言えばあくまで「戦闘のプロフェッショナル」とか「ファイティングサイボーグ」的なイメージがあったのですが、実際は「戦闘」よりも「教育」が本分ということでしょうか。かなり意外でした。

とはいえ、その戦闘能力の高さも並の軍人とは一線を画すものがあるようです。たとえば武器術ではないのですが、こんな動画を見つけました。



これはすごい一撃ですね。普通の格闘技とは全く違う技術で、かかってこようとする相手に有無を言わさず、目の急所をついて最短最速で決めてしまいました。まずは構えてとか、相手の攻撃をかわして返すとかそういうのではなく問答無用の一撃!完全に実戦のみを追求した戦い方って感じですね。

まあ、この人が本当にグリーンベレーなのか、相手が格闘家なのか(単なるガタイのいいゴロツキのような気もします)、確証はありませんが、素人にはできないすごい戦い方なのは確かだと思います。

そして、グリーンベレーのナイフテクニックの動画もありました。これまたすごい!






いやいや!「護身術」って?完全に「殺人術」ですやん!しかも最短最速で一気に息の根とめる感じですね。

私的に印象に残った技術は、空いてるほうの手で相手の得物を持っている手をおさえる「セキュリティチェック」という動き。自分が攻撃にいった瞬間は相手の攻撃も最も決まりやすい瞬間なので、しっかり防御しながら攻撃にいくというのは、特にナイフのような短く殺傷力の高い武器だと必須の動きですね。

この格闘能力だけでも相当すごいですが、このかたたちはさらに銃器の扱いや様々なサバイバル術、さらに語学にも堪能ということで、まさに超人だなあ、と思いました。


【関連グッズ】

世界最強の男たちグリーンベレー

  



関連記事

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

ブルース・リーとダン・イノサントのヌンチャク

IMG_2712.png


ブルース・リーといえば、今さら言うまでもありませんが、映画「燃えよドラゴン」などに主演し、世界中でカンフーブームを巻き起こした伝説的大スター。

俳優だけでなく、超一流の武術家でもあり、また哲学者でもあったブルースが後世に与えた影響は計り知れません。

そのブルース・リーが劇中で使用し、世界中を驚嘆させた武器がヌンチャクです。

(動画)【Bruce Lee - Nunchaku】
https://youtu.be/5cqzOo6B0Ic

このスピードと変則的な動きはすごいですね!初めてこの武器を見た人の衝撃はかなりのものだったでしょう!私的にはキックとのコンビネーションがすごく印象に残りました。

ブルース・リーが誰からこのヌンチャクの技を教わったかには諸説あるようで、落合秀彦氏説(作家・落合信彦氏の兄、アメリカでは相当有名な空手家)、出村文男氏説(糸東流空手、この方もアメリカでは有名な空手家、ショーコスギさんの師匠)、ダン・イノサント氏説(ブルース・リーが創始した截拳道の最高師範でありカリの名人、動画の5:08からブルース・リーとヌンチャク同士で戦っている方)があります。あるいはそれぞれから影響を受けてブルース・リーのヌンチャク技は完成したのかもしれません。

ちなみに日本のアクションスター・倉田保昭氏がブルースにヌンチャクを教えたと言われることもあるようですが、倉田氏はブルースにヌンチャクをプレゼントしたことはあるようですが、教えたわけではないようです。

これはダン・イノサント氏のヌンチャク捌き。



顔がはっきり見えないのですが、「Dan Inosanto」と書いてあるので、ご本人だと思います。

それにしてもすごい速さ!すごいヌンチャクさばき!早送りしてるのかと思いましたよ!

カリにおいてヌンチャクと同じ形の武器は「タバクトヨク」と呼ばれ、スティック術と同じ系統の技術でかなり軽快な戦い方になっています。

ブルースリーのヌンチャク捌きも、空手流と言うよりかはタバクトヨクの影響を色濃く受けているように思いますね。


<関連グッズ>

死亡遊戯 エクストリーム・エディション [Blu-ray]

  



関連記事

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

琉球王家秘伝・本部御殿手

IMG_2695.png


本部御殿手(もとぶうどんでー)は琉球王国の王族である本部家に代々伝えられて来た武術です。

「御殿」は王族の家柄を表し、「手」は武術を表す言葉で、本部御殿手とは「王族の家柄である本部家に伝わる武術」ということになります。

そして、この本部御殿手は秘伝技として代々本部家の長男にだけ伝承されてきました。

王族にのみ伝わる一子相伝の秘伝の武術とは、なかなかファンタジー心をくすぐる話ですね。

しかし、大正時代に第十二代宗家上原清吉が、それまで世に知られることなく伝えられてきた本部御殿手を一般にも指導することになり、それとともに様々な武道大会などで演武を披露するなどして普及に努め、国内はもちろん欧米にまで知られるところとなりました。

■技の特徴

本部御殿手は合戦の際、多人数を相手に戦うことを想定した武術です。そのため、剣などの武器を使う場合も二刀を使用することが基本で、常に歩きながら、歩を止めることなく技を使います。相手からの攻撃に対しては、体捌きでかわしながら、カウンター気味に攻撃を加え、攻防一体を理想とし、受けのみを目的とした技は使用しません。

使用する武器は棒、杖、二丁短棒、ヌウチク、トンファー、櫂(ウェーク)、サイ、二丁鎌などを用いますが、その他身近なものはすべて武器とします。また、一般士族が所持できなかった剣、槍、長刀等の術も伝えており、このあたりは王族たる本部御殿の手の大きな特徴と言えます。このように使用する武器は多岐にわたりますが、どの武器を用いる場合でも、すべて同一の原理と操作法に基づき扱いますので、武器にあわせて別個の技術を修得するというようなことはありません。また、稽古法は型稽古ではなく相対稽古が中心となっています。



0:30~1:11 釵の形の演武。1:18~2:20 素手
2:26~3:50 剣術 3:58~4:49 薙刀対双刀
5:00~5:35 1人対複数の棒術
5:40~6:06 櫂(ウェーク)術

これは本土の武道とも、また空手系の他の琉球古武術とも異質の技術ですね。

普通に歩きながら、相手の攻撃の機先を制して次々と制圧していく様は、摩訶不思議なものを感じますし、合気系の要素も感じます。

https://youtu.be/i6w8xwetU4o

↑こちらは昔なつかしい「わいわいスポーツ塾」という番組に、第12代宗家・上原清吉先生が出演されたときの動画。

この番組はスポーツと言いながらも、結構「武道」も取り上げており、養心館合気道の塩田剛三先生も出演し板東英二さんをひどい目に合わせておられました(参照動画)。そして佐野量子さん可愛いですね。

ま、まあ、それはともかくとして、上原先生が様々な武器を使ってらっしゃる姿は必見です。


<関連書籍>
 
琉球王家秘伝 本部流御殿武術入門 本部御殿手・本部拳法





関連記事

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。