FC2ブログ

世界の武器術・剣術!!

現代武道

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃剣道

SAG2014101699000034_id1_20141016095602.jpg

銃剣術が日本に入ってきたのは幕末の頃。日本の開国に伴い、欧米にならった軍の近代化がはかられ、その際、洋式の銃とともに銃剣も入ってきました。

当初は明治政府によってフランス式の銃剣術が採用されていたのですが、日本にはなじまない部分があったらしく、日本古来の槍術などを参考に独自の銃剣術が陸軍戸山学校を中心に創案されました。それと並行して体育教育の一環としても普及されることとなりました。

大正期に大日本武徳会の剣道部門のひとつとして銃剣術は採用されましたが、これを不服とした銃剣術関係者は独立した一部門として認められるよう運動を始めました。結局、銃剣術の独立をかけ、剣道対銃剣術の対抗戦が行われ、6対13で銃剣術側が圧勝し、晴れて独立を勝ち取ったというエピソードがあります。

昭和16年、銃剣術は「銃剣道」と名を改め、学生への普及や軍事教練の一環として盛んになりましたが、敗戦により禁止となりました。

しかし占領後の昭和28年、旧陸軍戸山学校関係者が戸山剣友会を設立したのをきっかけに、各県で銃剣道を再興する動きがあり、自衛隊においても銃剣道が体育の一部として採用されました。

復興当初は旧軍の象徴的種目という負のイメージで捉えられ、社会一般からは白眼視された部分もありましたが、その後日本体育協会、日本武道協議会に加盟、国体の正式種目入りなどを経て、身体育成や精神修養を目的とする武道として再興しました。







銃剣道とはどういうものか基本的なところがよくわかる動画。

用いる道具は166cmの木銃(三八式歩兵銃に銃剣を着剣した長さ)。防具はおおむね剣道と同じ防具に左胸を保護する「裏布団」、肩を保護する「肩」が付いています。

実際の銃剣術では銃床での打撃などもありますが、銃剣道においては攻撃方法は「突き」のみ。左手を滑らせることにより遠くの相手へ剣先を届かせる「繰り突き」(槍をしごく動作)は禁止です。

有効部位は上胴(相手の左胸、腕の上)・下胴(相手の左胸、腕の下)・喉・(左)小手・肩の5箇所。ただし「心・気・体」が一致した攻撃のみが有効なのは剣道と共通です。

また有効刺突が無い場合、より「心・気・体」に優れていた競技者が優勢勝ちとなる「判定」があります。



2012年の全日本大会の模様。

近年は、自衛官が競技人口の大半を占めているようです。確かに競技の性質上、一般人には敷居が高い部分があるかもしれません。ちなみに自衛隊において銃剣道はあくまで武道、体育教練として行われており、実戦を想定した銃剣格闘とはまた別になります。

「突き」のみですので単調になりがちかと思ったのですが、まったく違っていて、実に様々なバリエーションの突き方がありますね。また「払い」などの防御やカウンターをとる技術も高度なものがありそうです。そしてなにより「突き」がまともに決まった時のインパクトがすごくて、すさまじい威力なんだろうなあ、と思いました。


スポンサーサイト

テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

なぎなた(競技)

nagi.jpg


なぎなたと言えば、女性の武器という印象がありますが、南北朝時代までは戦場で用いられる主な長柄武器といえば「薙刀」でした。弁慶の薙刀は有名ですし、太平記では薙刀は勇者の持ち物ということになっています。

それが戦国時代になって、集団戦が重視されるようになると、より扱いが簡単な「槍」が多用されるようになり「薙刀」は戦場での主役の座から降ろされてしまいました。

かわりに女性の護身用の武器として用いられるようになり、江戸時代には嫁入り道具のひとつになったそうです。

明治時代になるとなぎなたは女子の心身鍛錬と精神修養の手段として学校教育のなかにも取り入れられますが、日本の敗戦により学校武道が全面禁止されたことで、なぎなたも廃れてしまうこととなりました。

それが復活したのが昭和28~30年ごろで、全国にいくつかのブロック組織ができたのを皮切りに「全日本なぎなた連盟」が正式に発足。学校教育の中にも復活し、昭和58年に「なぎなた競技」は国体の正式競技にもなり広く普及されることとなりました。

なぎなた競技は「試合」と「演技」の2つがあります。

試合競技は、防具を身につけ、定められた部位を互いに打突して勝負を競い、演技競技は、防具を身につけず、指定された形を対人で行ってその技を競います。



女子の試合。

勝負は三本勝負で、定められた部位(面部、小手部、胴部、脛部、咽喉部)を打突すると1本。その際、気迫、姿勢、残心といった条件を満たさないと1本にならないのは剣道と共通です。

技術的には左右両方の構えから技を繰り出すことができ、打ちは物打で行いますが、突きは切っ先と石突き、脛への攻撃は物打と柄による攻撃が可能です。とくに脛への攻撃は有効で全体の7~8割の試合は脛で決まるとも言われています。



男子の試合。日本ではやはり圧倒的に女子のほうが競技人口が多いですが、外国では男子のほうが多いようです。

剣道とはまた違った魅力のある武器と競技ですので、もっと注目されてもいいのになあ、と思いました。



テーマ:武道・武術
ジャンル:スポーツ

PR

最新記事

索引

広告

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

大門大吾@浪花

Author:大門大吾@浪花
こんにちは大門大吾です!
ブログタイトルを変えました(^-^;
ベタなタイトルですが、よろしくお願いします!

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。